顎関節症をマウスピースで矯正


顎の痛みを伴う顎関節症は、食生活などの日常生活に負担がかかり、精神的にも苦痛に感じるようになっていきます。そのような負担を軽減するためにマウスピースで矯正する治療方法もあります。

マウスピースって聞いたことは、あるけれど実際使ったり、見たことがある人は少ないのではないでしょうか。マウスピースは口の中の衝撃を軽減するための特殊な材質から作られています。

医療用の他にスポーツや音楽の場など広い分野で使われています。医療用は口の中に入れるものなのでコンパクトな大きさになっています。マウスピースの作り方は、口の中に型のもとになる液体を流し込み、口の中で形状を作ります。

作られたら型ができあがると、それをはめて、声を発することができるか、はめた箇所に痛みや違和感を感じる場所がないか確認します。そして、マウスピースを普段の生活でなかなか装着できない人は、夜寝る前に装着することも可能です。そして、睡眠時の歯ぎしり防止することができ、顎への負担を軽減していきます。

そして、マウスピースで矯正するにことによって、顎のずれも改善することができ、顎関節症を改善をすることができるのです。

カテゴリー: 顎関節症の治療について パーマリンク

コメントは停止中です。

他にもこんな関連記事があります

    None Found