顎関節症を治療して原因追究


さて、顎関節症の主な、症状は、口の開閉時に、顎が痛くなることです。それに対しては、日ごろから、食事や会話、あくびをする時に、大きく口を開けすぎないようにすることです。

日ごろの習慣は、ついつい忘れがちになってしまいますが、自分自身が意識をすることで、少しでも改善されていくのです。先に書いたように、主な原因は、口の開閉の時に、顎の骨格がずれることが原因になります。ですので、少しでも、カクカク顎の方から音が聞こえるようになったら、あまり大きな口を開けないように意識することが症状が悪化させないことになります。

外的の原因の他に、実は、顎関節症の原因のひとつに、内的原因もあったのは、ご存知でしたか。その原因は、ストレスにあったのです。ストレス社会の現代、色々我慢をする時に知らず知らずにぐっと歯を食いしばったりすることで、顎の骨格の負担になったりします。そして、心理的にストレスを抱えると、普段の食生活にも支障がでてきます。

噛むときに、顎が痛くなり、さらに精神面にもストレスが及びさらに悪化していくのです。まずは、日常生活の中に少しでも、ストレスを感じるようになったら、気持ちを穏やかにして、顎に負担をかけないことが第一なのです。そして、自分自身の生活を見つめ直し原因を追究していくことが最も良い方法なのです。

ピックアップ

悪い噛み合わせは治療できるんです【新宿デンタルオフィス】
悪い噛み合わせは治療できるんです【新宿デンタルオフィス】
最近疲れやすくなっていませんか?自分の噛み合わせが悪いかもしれない…と思っている方は「新宿デンタルオフィス」をチェックしてみてください。その肩こりや頭痛、噛み合わせの悪さが原因かもしれませんよ。噛み合わせと全身は、遠いように見えてとても密接な関係なのです。まずはホームページをチェックしてみましょう。

カテゴリー: 顎関節症の治療について パーマリンク

コメントは停止中です。

他にもこんな関連記事があります

    None Found