顎関節症は噛み合わせの悪さを治すべき?


顎関節症に悩まされている人の多くが、噛み合わせの悪さも自覚していると言われています。
つまり、噛み合わせの悪さによって顎関節症を発症している可能性があります。
したがって、顎関節症の治療に際して、まずは噛み合わせから治すべきと考えるかもしれません。
しかし、必ずしも噛み合わせの悪さだけが顎関節症の原因とは限らず、予想外の要因によって引き起こされているケースも少なくありません。
例えば、虫歯をかばうようにして片方の歯だけで物を噛む癖があると、顎に負担が伝わって顎関節症にかかる可能性があります。
このようなケースなら虫歯を治療すれば片方だけで物を噛む癖が直りますから、顎関節症の改善にも繋がるでしょう。
ただし、噛み合わせの悪さを自覚しているようなら、クリニックで治療を受けておく方が無難です。
顎関節症が改善されるだけではなく、さらなる症状の悪化を防ぐこともできるので予防の意味も込めて治療を受けておきましょう。

カテゴリー: 顎関節症の治療について パーマリンク

コメントは停止中です。

他にもこんな関連記事があります

    None Found