顎関節症と噛み合わせの悪さの因果関係


顎関節症は様々な原因で引き起こされますが、噛み合わせの悪さが大きく影響します。
まず、噛み合わせが悪いと顎の使いかたに偏りが生まれ、負担のかかりかたが変わってしまうのです。
つまり、左右で噛む力が変化してしまいますから、左右どちらかの顎にばかりダメージが伝わってしまいます。
この状態が長く続くと顎関節全体に負担が溜まり、やがては顎関節症を患ってしまうのです。
また、噛み合わせが悪いままでは、顎関節症の治療を受けても完治に繋がりません。
したがって、顎関節症を完治させたいのであれば、噛み合わせの悪さも治しておかなければ、再発のリスクから免れることはできないでしょう。
もし顎関節症の傾向を感じているなら、悪化する前に診断を受けてみてください。
初期の段階から顎関節症の治療を取り入れていれば、スムーズな回復に繋がります。
顎関節症は悪化すると痛みや違和感の原因になりますので、気になる症状は専門クリニックに相談してみましょう。

カテゴリー: 顎関節症の治療費用 パーマリンク

コメントは停止中です。

他にもこんな関連記事があります

    None Found